若々しい肌を維持している笑顔の女性

一般的にお肌の曲がり角と言われる年齢辺りを過ぎると目じりの小じわやほうれい線など、老化とともに肌も重力に負けて徐々にシワやたるみが出来てきます。

年齢肌対策のためのアンチエイジングは早くから始める事に越したことはありません。

よく言われているのは、「25歳から始めるスキンケア」とか聞いたことありませんか?

何故、25歳なのか…

人間は25歳になる朝まで成長すると言われています。

これは、成長ホルモンの分泌にも関係しているのですが、女性の場合は女性ホルモンとも深い関わりがあるといわれており、逆に言うと25歳と1日目から老化が始まると言える訳です。

加齢とともにターンオーバー(新陳代謝)の周期も長くなっていきますので、

歳をとると怪我が治りにくくなったりするのもこれに関係しています。

アンチエイジングでは、このターンオーバーを促進してあげる事が必要言われていますが、その為に大切なのが保湿です。

水分量が低下するのが問題

肌の水分量が低下すると乾燥します。

草花に水を与えなければ枯れてしまうように、

素肌も乾燥すると弾力がなくなりシワやたるみができやすくなってしまいます。

素肌には、角質層までたっぷりと保湿してあげる事で、肌の内側からもっちりと潤い

ハリやツヤを取り戻す為のスキンケアを日々心がけることにより

シワやたるみなどの年齢肌対策にも繋がります。

25歳から老化が始まっている

という事で、スキンケアやアンチエイジングは25歳からと言われる事が多い訳です。

怠ってはいけない毎日の洗顔と保湿

しかし、美は1日にしてならずとも言われるように、やはり毎日の積み重ねが大切ですから、

10年後、20年後の素肌の為にも

しっかりと保湿することが重要になってきますが、

30歳くらいをピークに皮脂量も低下してきます。

皮脂量が低下してくると肌にうるおいを閉じ込める機能も低下してきますから水分が蒸発しやすくなり乾燥しやすくなります。

与えると同時に〝奪い過ぎない”という発想

そこで、保湿と同じように大切なのが、「洗い過ぎない」事です。

一般に市販されている安価なクレンジングは、石油系の洗浄成分が配合されており、この洗浄成分の洗浄力が強過ぎる為に、皮脂や油分を取り過ぎてしまうために、肌トラブルや乾燥肌の一因となっている事から、スキンケアのためのクレンジングに注目が集まっています。

化粧汚れや脂汚れの不要な物だけを取り除き、素肌に負担の少ない無添加クレンジングがおすすめです。
入念に保湿ケアを行っている方は多いですが、
保湿効果があまり実感できなければ、それは洗い過ぎによるバリア機能の低下かもしれません。

クレンジングは洗浄力の強過ぎない素肌の事を考えて作られたものを選びましょう。