クレンジングを徹底比較!あなたにぴったりなクレンジングを見つけよう!

キレイに落ちる!アイメイクリムーバーの使い方

人によってメイクが違うようにメイクの落とし方もさまざまですが、あなたはどんなメイク落としをしていますか?

もしかして一つのメイク落としで顔全体のクレンジングを済ませていませんか?

メイクの中でもばっちりと施すアイメイクは、しっかり落としたいもの。洗い上がりにアイメイクがちょこっと残っていることはありませんか?

メイク残しは、お肌に負担をかけて肌の老化を促進させてしまいます。特に目の周りは、皮膚が薄く敏感な部分です。アイメイクは専用のアイメイクリムーバーでしっかりと落として、次の日に汚れを持ち越さないようにしましょう。

今回は、ばっちりアイメイクをしっかりと落とすアイメイクリムーバーの正しい使い方と、オススメの商品をご紹介します。

 

アイメイクリムーバーを使って確実に落とすクレンジング方法

最近のメイクアイテムはウォータープルーフやワックスを使っているものも多く、簡単には落ちない化粧品に進化しています。汗や涙で目元がパンダになっちゃうなんてことは、もうないのです。

つまり、簡単には落ちないということ。そんな手ごわいアイメイクをしっかり落とすアイメイクリムーバーのクレンジングの方法をご紹介します。

準備
専用のメイク落としであるアイメイクリムーバーの他に、コットンと綿棒を用意します。コットンには、アイメイクリムーバーをひたひたになるほどたっぷり使いましょう。もしくは、コットンを水に浸して硬く絞ってからアイメイクリムーバーを染み込ませて使いましょう。

アイメイクリムーバーの使い方

アイメイクを落とす順番

メイクを落とすには、まずアイメイクなどのポイントメイクから落とします。アイメイクの中でも、アイシャドウ、マスカラ、アイラインとメイクアイテム別に順を追ってクレンジングしていきましょう。

  1. アイシャドウ&マスカラをクレンジング
  2. アイラインをクレンジング
  3. 目の周りの細かい部分&全体をクレンジング

アイメイクのクレンジングポイント

  • アイメイクリムーバーをたっぷり使う
  • 目の周りはデリケートなので、ゴシゴシこすらず力を入れずにやさしく拭き取る

アイメイクのクレンジングポイント

落ちにくいマスカラも、段階を踏めばやさしく落とせる

まつ毛にマスカラをつけている場合は、一番先にクレンジングしましょう。また、マスカラのつけ方によって落とし方が違うので注意しましょう。

マスカラをまつ毛の下から多くつけている方は、下から上にクレンジング
  1. アイメイクリムーバーをたっぷりと浸したコットンで、まつ毛を下から上に持ち上げます。
  2. 持ち上げたまつ毛をコットンでしばらく押さえて、アイメイクリムーバーをまつ毛と上まぶたになじませます。
  3. コットンを横にすっと引いて、やさしくマスカラとアイシャドウを拭き取ります。

マスカラの落とし方

マスカラをまつ毛の上からも下からもたっぷりつけている方は、上から下にクレンジング
  1. 目を閉じたまつ毛の下に、アイメイクリムーバーをたっぷりと染み込ませたコットンを置きます。
  2. その上からまぶたとまつ毛を挟むように、同じくアイメイクリムーバーをたっぷりと染み込ませたコットンを当てます。
  3. しばらく上下からアイメイクリムーバーをまつ毛と上まぶたになじませます。
  4. まつ毛の下のコットンに、マスカラを拭き落とすイメージで上に当てたコットンを下にゆっくりと動かします。
  5. コットンを使っていないキレイな面に折り返して、角で目の周りを拭き取ります。

クレンジングの方法

しつこいマスカラが残っている場合
上記のコットンクレンジングでも、まだマスカラの繊維がまつ毛に残っている場合は、綿棒を使って丁寧に落としていきましょう。

  1. 綿棒にアイメイクリムーバーをたっぷりと染み込ませます。
  2. 目を閉じたまつ毛の下にコットンを当てて、綿棒でクルクルとまつ毛をなぞり、やさしくマスカラを落としていきます。

しつこいマスカラの落とし方

アイラインのクレンジングは、より丁寧に

アイラインは目の際に施しているので、粘膜といっていい部分をクレンジングすることになります。

アイメイクリムーバーには目の中に入っても大丈夫な成分を使っていますが、より気をつけてクレンジングしましょう。

綿棒を使う
  1. まぶたの上を指で引き揚げて、アイメイクリムーバーをたっぷりと染み込ませた綿棒で、アイラインをなぞって落としていきます。
  2. 目頭の方から目尻にかけて、上まぶたを引き上げる指を移動させながら、綿棒でなぞっていきます。
  3. 同じく、下のアイラインも目頭から目尻にかけて、あっかんべーをするように指で下まぶたを引き下げ、綿棒でなぞって落としていきます。

綿棒を使う方法

コットンを使う
コットンを四つ折りにした角にアイメイクリムーバーをたっぷりと染み込ませて、同じように綿棒と同じ要領でアイラインを落としていきます。

コットンを使う場合

最後に細部のメイク残しをチェック

最後に鏡で落ちていないところがないか確認しましょう。使用済みのコットンでも良いので、コットンのきれいな部分にアイメイクリムーバーを染み込ませ、隅々まできれいに落としましょう。

この時も、決してこすらずにやさしく拭き取ります。

顔全体のメイクも落としたら、洗顔料を泡立ててやさしく目の周りを泡で洗いましょう。ぬるま湯で洗い流してメイク落とし終了です。

メイク落としの方法

アイメイクをしっかり落とし、くすみ・シミ・しわの元を残さない!

アイメイクをきちんと落とさないと、色素沈着してくすみやシミしわの原因にもなります。落ちないとゴシゴシしてしまったり、爪でガリガリ剥がしたりと肌を傷つけてしまいがちですよね。

上記オススメ商品でも自分のメイクに合わない場合もあるかもしれません。

いろいろなアイメイクリムーバーを使ってみてアイメイクを簡単に落とすだけでなく、使い心地の良いものを選びましょう。

自分に合ったものを選ぶようにしよう

皮膚が薄くデリケートな目元は、今丁寧なクレンジングをすれば将来のお肌に格差をつけることになります。今のメイク落としをいい加減にしてしまうと、あとから後悔することに。

面倒なメイク落としも、お気に入りのアイメイクリムーバーを見つけて将来のお肌のためにもちょっとの手間をかけてお手入れしましょうね。

pagetop