肌トラブルが気になり手鏡を見て憂鬱な女性

毎日行う洗顔ですが、
どのような洗顔料を使っているかによって、お肌に与える影響が変わってきます。

多くの人が使っている洗顔料というのは、ドラッグストアなどで販売されているものだと思いますが、一般に市販されている安価な洗顔料が原因となって引き起こされる肌トラブルとはどういったものがあるのか、ご存知でしょうか?

安価なものほど洗浄力が強い傾向

市販されている安価な洗顔料は、安価な割には汚れがしっかりと落ちますよね。

汚れが落ちれば洗顔はバッチリ。と思っている人もいるようですが、実はそうではありません。

安価な洗顔料は、科学合成物質の界面活性剤が配合されているので汚れが良く落ちるのですが、石油やアルコールなどが原料になっているので、肌への刺激も強いものになっています。

古い皮脂や老化角質は取り除く必要があります。
また、化粧や油汚れも落とす必要がありますが、しかし肌を守るために必要な皮脂や角質まで一緒に洗い流してしまう恐れがあるのです。

年齢を増すにつれて徐々に肌トラブルが表れる

バリア機能が低下してしまったり素肌の潤いが無くなってしまい、乾燥を招いてしまうのです。

ですから、乾燥によって毛穴が開いてしまって、開いた毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまい、
吹き出物が出来たり、潤いが足りない事で、表面の角質が固くなってしまい、
いつまでも剥がれずに残ってしまうので、シワの原因になったりする場合があります。

これは、シャンプーや食器用洗剤にも共通して言えることですが、カサカサしてフケやかゆみが出たり、手荒れしたり・・・、肌の弱い方ほどそのダメージは目に見えるてくるでしょう。

そもそも洗顔料自体がトラブルの原因にも

食器用洗剤を原液のままスポンジにつけて食器を洗うと、汚れよりも洗剤のヌメリの方が取れにくかったりしませんか?

クレンジングも同様で、泡切れが悪いために洗い残しが肌に残ったまま、それが酸化して黒ずみやゴワつきになってしまう恐れもあります。

しかし泡切れが悪いからといってゴシゴシ洗うと肌に負担が掛かるし、添加物で泡切れが悪いのに優しく洗うと洗剤が肌に残ったままになる・・・どちらを取ってもトラブルのもとになる恐れがあります。

目的は、刺激や負担を与えないこと

洗顔料はメイクを落とす。皮脂や老化角質を取り除くといった〝洗う”という事が目的で、保湿によって美容成分を補います。

この工程の中には、少なからず石油やアルコール系の添加物が含まれています。

スキンケアの目的は、与えると同時に「余計なダメージを与えない」事にも気をつけるべきです。

これはトラブルを引き起こしやすいかそうでないかは、もともとの肌が弱いとか強いなども関係している事と思いますが、一般に市販されている安価な洗顔料が原因で引き起こされる肌トラブルとは、関係ないと思っていても意外とあるものなんです。

ついつい安価なものを買ってしまいたくなりますが、

今現在の素肌ケアだけでなく5年後、10年後の素肌の事をを思うと、毎日直接お肌に触れるものは出来るだけ自然のものにこだわって肌への余計な刺激を避けたいものです。