メイク落としの種類に疑問を持つ女性

毎日行うスキンケアの中でも、一番重要なクレンジング

クレンジングにも色々な種類があり、なかなか満足のいくクレンジングを見つけるのって難しいですよね。

また、良く落ちるのに肌は突っ張らないクレンジングを見つけるにはどこに注目して選べばいいの!?と、疑問に感じている方もいらっしゃるかと思います。

ここでは最新のクレンジングの種類と特徴についてお伝えしようと思います。

テクスチャで見るクレンジングの種類と各特徴

クレンジングには様々な種類があり、それぞれ特徴も異なってくるので、クレンジングの特徴を知り、自分に合ったクレンジングを選んでいくことが肌への負担を少なくすることができると思いますよ。

リキッドクレンジング

リキッドクレンジングはオイルクレンジングに比べてさらりとした質感。

また、洗浄力は高く、なかにはオイルクレンジングと並ぶものもあります。

ですのでウォータープルーフなど落ちにくい化粧品を使っている場合なんかによく落ちてくれます。

リキッドクレンジングは肌には優しいかと言われると、とそうとも限らず薄いメイクの場合は向いていません。
界面活性剤が多く含まれているため使い方ひとつで肌トラブルになる可能性があるので注意です。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、リキッドクレンジング同様にウォータープルーフなどの落ちにくい化粧品を落としてくれます。

しっかりとしたメイクをこすらずに落とすことができる一方で肌への負担も大きいです。

油分の量や界面活性剤の量はダントツ。
肌をひどく乾燥させてしまうため、肌の弱い人には不向き。

おすすめのクレンジングオイル。

ジェルクレンジング

ジェルといっても水性と油性の二種類にわけられます。

水性は、オイルフリーとオイルインの2つがあり、
オイルフリーは油分でメイクを浮かせることができないため、メイクを落とす力はやや弱くしっかりメイクには不向き。
まつげエクステなんかに向いています。

オイルインは、
オイルフリーに比べて油分と界面活性剤が入っているためメイク落ちは良いですが、油分の量は少ないためさっぱりとしている。

一方油性タイプは、
オイルを乳化してジェル状にしたもの。

主成分は油分なのでメイク落ちは水性に比べて馴染みもよく落ちやすくなります。

しかし、ジェルタイプは量が少ないと肌に馴染ませるときに摩擦による刺激を受けやすくなるので注意が必要。

ミルククレンジング

ミルクタイプは、オイルフリーのジェルタイプと同じくらいの洗浄力の低さで、ナチュラルメイクに向いています。

油分と界面活性剤共にそれなりにしか配合されていないため、肌には優しいという特徴があります。
ただし、しっかりしたメイクの場合は不向きなクレンジング。

ミルクタイプの場合はおだやかに落としてくれる分、ポイントメイクをウォータープルーフなど落ちにくいものを使ってる場合は分けて使う必要があります。

残念なのがミルクタイプは液状なので、肌と指の間にクッションになりにくいため、摩擦による肌への刺激を与えてしまうという点。

クリームクレンジング

クリームタイプの場合、こってりとしていて、ある程度の弾力があるため、肌にのせたときにクッションの役割があるため肌への摩擦を抑えることができます。

洗浄力は、オイルやリキッドの次くらいに強く油分と界面活性剤がバランスよく配合されています。

洗浄力や肌への負担、両者共に強すぎず弱すぎず程よい。
乾燥肌や敏感肌にも使いやすいタイプ。

ゲルクレンジング

ゲルクレンジングはノンオイルの水性のものが多く肌への負担が少ない。

ゲルとジェルは似たように思えますが、違いに水分量があります。
ゲルはジェルより水分量が少なく配合されています。

また弾力性があり、肌に馴染ませていくことでメイク汚れを浮かせて落としていくことができます。

ゲルは肌に優しくクレンジングできるので肌が弱い人にオススメ。
しかし、ゲルなので中には多少べたつきを感じるものも。

バームクレンジング

バームタイプは
洗浄力が優れているのに対して肌への刺激は少なめという万能クレンジング。

テクスチャもクリーム状だけど手のひらの温度でトロけて、やわらかくて伸びもよくなるため摩擦による刺激を減らせるだけでなく肌馴染みも良いのが特徴。

汚れを絡めとってくれるため、落とし残しの心配も軽減できます。

ふき取りタイプ

上記とは違い拭き取りタイプはシートでメイクを落とすもの。

手軽で使っている人も多いようです。

拭き取りタイプにはクレンジング剤が含まれているものと、ローション(水)タイプのクレンジング剤を自分でコットンに染み込ませて拭き取るタイプの二種類があります。

他のクレンジング剤には油分が含まれますが、拭き取り用のクレンジング剤には油分が少ないものが多いという特徴があります。

拭き取り用のクレンジング剤には、この界面活性剤が他のクレンジング剤よりも多く配合されています。

そのため肌への刺激は強く、さらに擦ってメイクを落とすわけですから摩擦による刺激を与えてしまうというデメリットがあります。

多機能なクレンジング

特に最近人気が高まっているのが多機能なクレンジングです。

テクスチャは様々ですが、クレンジングとしてはもちろん洗いながら角質をトリートメントしてくれる機能も備わっていて、『一度の洗顔で肌を綺麗に整える』というものです。

保湿化粧品でいうオールインワンゲルのような感じです。

中にはスクラブが入っているクレンジングや、トリートメント効果で透明感を高めてくれるもの、毛穴の汚れをキレイにするだけでなく、収れん作用の植物エキスを配合したものなど、肌悩みやメイクに合わせて様々なクレンジングがありますので、目的に合ったクレンジングを選ぶと肌の変化を実感しやすくなりますよ。

⇒メイクと肌悩みで選ぶ!今おすすめのクレンジング9選はこちら

テクスチャにはゴシゴシ肌を擦る摩擦を防ぐ役割も

クレンジングを選ぶ際に成分に注目するのはいいことですが、合わせて注目したいのはテクスチャ。

実はテクスチャもクレンジング選びには注目したいことのひとつ。
それはなぜかというと肌を擦る摩擦による刺激を与えないため。

テクスチャはクッションの役割もあるため肌に擦る摩擦を防ぐため意識してほしいことです。

いくら優しいクレンジングを選んだからといっても擦って摩擦を与えていては台無しですから、テクスチャ選びも大切です。

気をつけたいのは洗浄成分

ドラッグストアなどで見かけるクレンジングを使っている人が多いと思いますが、安価なクレンジングは、石油系のものや科学合成物質から出来ている合成界面活性剤が沢山使われていることが多く、洗浄力は強いけど素肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので肌トラブルが起きやすくなってしまうのが特徴と言えます。

肌が強い方やオイリー肌の方には良いですが、乾燥肌や敏感肌の方には肌を守るバリア機能が損なわれる原因にもなりますから注意が必要です。

メイクを落としたら『顔が突っ張る』とか『ヒリヒリしたりカサカサする』という方には向いていません。

⇒メイクと肌悩みで選ぶ!今おすすめのクレンジング9選はこちら