メイクを落とす30代の女性

美肌を目指す上で、化粧水や美容液などこだわっている方も多いと思いますがクレンジングはどうでしょうか。

メイクを落とすという行為は直接肌に美容の効果はもたらしませんが、
メイクの汚れが残っていては肌荒れや毛穴の黒ずみの原因になってしまうなどトラブルを引き起こしてしまうので、面倒くさがって雑にしてしまってはいけません。

クレンジングの方法を変えるだけで肌質が変わってくる事もあるのでここで正しいメイクの落とし方を紹介します。

基本はゆっくり優しく・・・だけど短時間で。

クレンジングをするときに、ゴシゴシと雑にメイクを落としていてはただ肌を傷つけているだけになってしまいます。

そうならないためにはゆっくりと指の腹で優しくクルクルとメイクを浮かせてあげることが基本です。

とはいえ、あまりゆっくりと時間をかけているのもいけません。

なぜなら
クレンジングは少なからず肌の負担になるからです。

クレンジングを肌にのせている時間が長ければ長いほど肌への負担がどんどん大きくなってしまいます。

ですのでゆっくりと優しくをベースにできるだけ素早く短時間で終わらせるようにして肌への負担を少なくしていきましょう。

たっぷり使って摩擦を軽減

高価なクレンジングを使っていて、「勿体ない」という人によく見られるのが少量でクレンジングをしている場合。
これは絶対にやめましょう。

少なくとも記載されている量は必ず使うようにしましょう。

少量でクレンジングをしてしまうとその分ゴシゴシ擦ってしまいがち。
そうなれば摩擦による肌への刺激を与えてしまうことに。

そうならないためにも記載されている分量は手に取るようにして、勿体ないと思わずにたっぷりとクレンジング剤を使い摩擦を軽減してあげるほうが肌のためです。

メイクを落とす順番

メイクを落とすのもスキンケアの一部。
間違えると肌のトラブルになりかねません。

あなたはメイクを落とす順番を決めていますか?

ポイントメイクから落とす人が多いのではないでしょうか。

しかし、実はクレンジングによっても落とす順番というのは異なってきます。

ローションタイプなら
アイメイクやリップを先に

オイルやミルクタイプなら汚れがたまりやすいTゾーンを優先的に行うことで、黒ずみや角栓ケアも同時に行えます。

自分がどのクレンジングを使っているのかによって落とす順番が違うのでクレンジングに合わせた落とし方をしましょう。

すすぎの際の注意点。優しく落とすなら20回程度のすすぎが必要

すすぎの際に1番注意してほしいのが温度。

熱いほうが汚れが落ちると思っている人もいるでしょう。

しかし熱すぎるお湯は肌にはかなりの負担になるだけではなく、肌に必要なものまで洗い流してしまい肌トラブルになりかねません。

36度くらいのぬるま湯ですすぐことが大切です。

すすぎ残しがないように最低20回くらいすすいだほうがいいでしょう。

また、洗い流すときは乾燥しやすい頬から洗い流してあげるといいですね。

お風呂で落とすときはどのタイミングがイイ?

お風呂で落とすときは最初にクレンジングをするよりも湯船に浸かったあとのほうが効果的です。

1番よいタイミングとしては1番最後。
お風呂を上がる前。

それはなぜかというと、
肌が温まることによって毛穴が開いてくれるので汚れが落ちやすくなるからです。

そのため負荷をかけずにスルンと落とすことができます。

逆に肌がまだ温まってない最初のほうでクレンジングをすると温まった身体から水分がどんどん蒸発してしまい、浴室から出たときにはもう限界に達してしまいつっぱった状態になってしまうのです。

洗い方に気をつけても、クレンジング剤の刺激が台無しにすることも

洗い方にいくら気を付けていても、クレンジング剤の刺激でせっかく正しい洗い方をしているのに台無しにしてしまうこともあります。

安価なクレンジング剤には刺激の強い成分が配合されているものも多くあるため、注意して選ばなければなりません。

せっかく正しい洗い方に気を付けているのですから成分も極力刺激の少ないものを配合されているものを使い台無しにならないようにしましょう。