泡を鼻に乗せておどける女性

あなたはクレンジングを選ぶ時、どの様な基準で選んでいますか?

クレンジングに求める条件として、まずよく落ちる事。そして肌に優しい事
このふたつを重視して考えている方がほとんどだと思います。

その中で、手軽に使えて安ければなお良いですよね。

しかし、スキンケアを考える上で洗顔の選び方で保湿の効果も変わってきますので、是非参考にして下さい。

乾燥から守ることが肌荒れと老化の予防に繋がります!

肌が乾燥するとさまざまな肌トラブルを引き起こします。

肌荒れや老化の促進だけではなくニキビやくすみなどなどありとあらゆるトラブルに悩まされることになってしまいます。

なぜ乾燥するとトラブルになるのかというと、
乾燥すれば皮脂膜という肌をおおう膜が普段はバリアの役割をしているのですが、不足するとこのバリアが弱まり刺激を受けやすい状態になってしまうので肌荒れなどのトラブルになりやすいのです。

乾燥から守るということは肌荒れや老化の予防につながるので、健康や若々しさを保つためにも欠かせないことなのです。

そもそも「洗う」という行為は乾燥を招く

洗うという行為は肌を清潔にするために欠かせない行為ではありますが、その一方で、洗うというのは乾燥を招いてしまいます。

洗顔をすることによって、皮脂膜など剥がれてしまい、 角質層からは水分がどんどん蒸発してしまいます。
これが急激な乾燥でバリア機能を弱めて肌のつっかり感を感じるのです。

しかし、きちんと洗顔をしていれば健康な肌でもつっぱりを感じますが、それは洗顔をしてから数分後。

ですが、洗顔をした直後から肌がピンとつっぱりを感じているならそれは肌が過剰に乾燥している状態なので危険です。

肌に与える刺激を大きく左右するのは洗浄成分です。

クレンジングの方法も左右しますが、肌に与える刺激を大きく左右するのが、クレンジングに含まれる洗浄成分。

今やクレンジングはたくさんの種類も出ていますし、成分もさまざまです。

しかし、たくさんのクレンジングがあるなかでも中には刺激の強い洗浄成分が配合されているものもあり、特にドラッグストアーなどで簡単に手に入りやすい安価なクレンジングには刺激の強いものが配合されているものが多くあります。

刺激の強いクレンジングはその後の洗顔や保湿化粧品などのコンディションを悪くしてしまいます。

いかに洗浄成分に目を向けて肌に負担をかけないかがクレンジングには必要です。

クレンジングに用いられる洗浄成分の種類

クレンジングは肌には良くないと思われがちですが、すべてのクレンジングが悪いわけではないんです。

主成分に何が使われているかによって良いか悪いかを見極められます。

主に洗浄成分の種類はミネラルオイル、オリーブ油、ワセリン、ホホバ油、エステルオイルなどが使われており、それに乳化剤などを加えてクレンジングが作られています。

どのクレンジングにも界面活性剤が含まれていますが、この界面活性剤の量がどのくらいなのかが重要です。

オイルクレンジングはすべてが悪いわけではなく合成界面活性剤の量や数によって変わってきます。

オイルとノンオイルってメイク落ちや肌への負担などどんな違いがあるの?

クレンジングにはオイルとノンオイルがありますが、この2つはメイク落ちや肌への負担はどう違うのかというと、オイルはメイク落ちは物や成分にもよりますが基本的にはとても落ちやすいです。

しかし一方で、落ちやすいということはそれなりに肌には刺激になりやすいものを使っているものが多いです。

反対にノンオイルはオイル不使用なので肌への負担は格段に少なくなりますが、
オイルに比べてメイク落ちは悪くなります。

なかには落ちてくれるものもあるかもしれませんが防水(ウオータープルーフ)の化粧品なんかは落ちにくいでしょう。

一概にどちらがいいとは言えません。
肌の状況やメイクの濃淡などそのときによってクレンジングを使い分けましょう。

テクスチャには摩擦から守る役割も

意外にも目を向けられることのないテクスチャ。

やわらかくて気持ちいい、使い心地がいい、など単純に考えている人がいます。

それが悪いわけではないんですが、
しかしそれ以外にテクスチャも実は肌には大切なことのひとつ。

それは摩擦による刺激。

テクスチャがあまりにも固かったりすると肌へ擦り付けてしまう摩擦による刺激が起こってしまいますし、サラサラのものもメイクを浮かせるときにゴシゴシ刺激を与えやすくなります。

メイクを浮かす際に、肌にとって摩擦による刺激は大きな負担となります。

クレンジングは毎日のことですので、メイクを落とすたびにゴシゴシ摩擦を与えてしまうのは避けたいですよね。

程よい粘性や弾力があると、ついついチカラが入っても摩擦を和らげてくれます。
擦り付けなくてもスルリとつけやすく馴染みやすいテクスチャを選ぶということも肌にとって大事なことなんです。

摩擦を和らげてくれるクレンジングとは

一昔前は、ミルクやクリームタイプが優しいクレンジングの代表格でした。

しかし最近では、バームやゲルがおすすめです。

ゲルは、
ジェルよりも粘性が高く、弾力があるのでクッションとなって指先と肌の間で摩擦を和らげてくれます。

バームは、
オイルとクリームの良いところを併せ持つクレンジング。

固形のテクスチャが体温でトロけるタイプのクレンジングで、メイク浮きも良くクリームの優しさも持ち合わせてます。
その上、バームは肌への吸い付くように密着してメイクを落とせるので、洗い上がりのしっとり感も高く乾燥対策、年齢肌対策におすすめのクレンジングです。

クレンジングは、美容効果を考える点ではあまり目立って取り上げられることはありませんが、肌に与える影響は基礎化粧品の中でとても大きいと言えます。

自分のメイクに合ったもので
摩擦を和らげてくれるクレンジングを選びましょう。

クレンジングで保湿も変わる

クレンジングしたあと保湿するのはお手入れとして欠かせないことですが、リセットして整えるという発想も大切です。

メイクを落として皮脂を取り過ぎてカサカサの状態で保湿するのと、まだ肌に必要な皮脂は残したまま保湿するのでは、クレンジングは毎日の事ですから5年後10年後の肌が変わってくるでしょう。