クレンジングを徹底比較!あなたにぴったりなクレンジングを見つけよう!
  • クレンジング比較
  • > 新感覚のホットクレンジングはリラックスできて毛穴の悩みに効果的!

新感覚のホットクレンジングはリラックスできて毛穴の悩みに効果的!

「化粧ノリが悪い」「肌がごわつく」「鼻の角栓や黒ずみが気になる」
そんなお悩みがある方はもしかしたらクレンジングがきちんとできていないのかもしれません。

そこでおすすめしたいのがホットクレンジング。ホットクレンジングはジェルタイプのクレンジング剤。肌の水分に反応すると温かくなるというちょっと変わった使用感が魅力で、バラエティショップやドラッグストアでも見かけることの多いここ数年人気のアイテムです。

今回はホットクレンジングの効果的な使い方とおすすめの商品をご紹介します。気になっていたけど使い方がわからない、という方もこの機会にぜひチェックしてみてくださいね。

ホットクレンジングとは?温感作用がもたらすメリット3つ

まずは簡単にホットクレンジングの温感について説明します。

ホットクレンジングとは?

ホットクレンジングは温感作用を持つクレンジング剤。温感作用が働くことで肌を柔らかく保ちながら、肌汚れやメイク汚れを落とすことができます。

肌にのせると温かくなるのは、水と混ざった時に発熱する性質(溶解熱)を持ったグリセリンが含まれているからです。肌に伸ばして肌表面の水分と混ざることで、ポカポカとした温かさが感じられるという仕組みです。

化粧品としてのグリセリンは、しっとりとしたテクスチャーで滑りを良くするという使用感が特徴。温感作用の他にも 

  • 角質層を柔軟にする
  • 水分量を増やす

などの保湿作用もあります。

ホットクレンジングの多くはジェル状で、ジェルのテクスチャーは商品によって異なります。とろみがある柔らかいものから液ダレしにくい固めのものまでさまざまです。

メリット1.毛穴汚れが落ちやすくなる

例えば「ホットタオル」や「ホットスチーマー」というものがありますよね。これらは肌の表面を適度に温めることでスキンケア効果を高めようという美容法です。

同じように、メイク落としにおいても温感作用がもたらすメリットがあります。ひとつめのメリットは毛穴汚れが落ちやすくなるということです。

肌が柔らかくなると毛穴も柔らかくなります。すると、毛穴に詰まっていた 

  • 古い角質
  • 皮脂汚れ
  • メイク汚れ

が浮きやすくなるので、肌に負担をかけずに毛穴汚れが落とせます。

メリット2.肌の潤い成分を守る

洗浄力が強いクレンジング剤は手早くメイク汚れが落とせるというメリットがある一方で、肌にとって必要な皮脂や保湿成分までも一緒に洗い流してしまうデメリットが気になるところ。

ホットクレンジングはその温感作用が肌をゆるめて汚れを浮きやすくするので、強力な洗浄力を使わなくても肌に要らないものが自然と落ちやすくなります。肌の潤い成分を守りながら、汚れだけをすっきりとオフできるのです

メリット3.肌負担の軽減になる

肌に何度も触れたり、顔を何度も洗ったりという行為は肌に負担をかけてしまいます。そのため、メイク落としをした後に洗顔料で顔を洗うという「ダブル洗顔」も肌ダメージのリスクにつながります。

ホットクレンジングの商品の中には「ダブル洗顔不要」というものがたくさんあります。一度のクレンジングで、

  • 洗顔
  • メイク落とし

の両方ができるので何度も顔を洗う必要がありません。これだけでも肌負担の軽減になります。

メリット4.その後のスキンケアの効果を高める

ホットクレンジングの温感作用は肌の角質層を柔らかくします。すると毛穴も開きやすくなるので、その後に使うスキンケアの成分がぐっと浸透しやすくなるのです

肌の表面に汚れが残っていたり、肌がゴワついて硬くなっているとどんなに良い成分もなかなか肌に浸透しません。化粧水やクリームの効果を引き出すためにも、肌は柔軟に保っておきましょう。

汚れをすっきり落とす、ホットクレンジングの効果的な使い方

ホットクレンジングの美容効果を得るには正しい使い方をすることが大切です。ここからは、ホットクレンジングの効果的な使い方を説明していきます。

ポイントメイクはあらかじめ落としておく

ホットクレンジングの口コミの中には「アイメイクが落ちにくかった」「口紅が落ちにくかった」という意見が多いようです。

先述の通り、ホットクレンジングの多くはジェルタイプです。そもそもジェルクレンジング自体、摩擦など肌への刺激が少ない優しい洗い心地が魅力のメイク落とし。そのため、

  • 濃いめのアイメイク
  • ウォータープルーフのマスカラやアイライナー
  • ティント系のリップカラー

などメイクによっては落ち切らず肌に残ってしまうこともあります。

落ちにくいメイクを無理やり落とそうとすると肌をこすってしまいがち。摩擦が刺激になって色素沈着やくすみにつながる恐れがあるので避けましょう。

目元や口元のポイントメイクはホットクレンジングを使う前に、専用のリムーバーを使って落としておくことをおすすめします。

乾いた手に取り出す

濡れ手でジェルに触れると、ジェルが手の水分と混ざってしまい、肝心のメイクとうまくなじみません。

ジェルがメイク汚れをきちんと絡め取ることができないので、肌表面にメイク汚れが残りやすくなります。これでは温感効果を得る以前に、クレンジングそのものの意味がなくなってしまいます。

「濡れ手でもOK」と記載がある商品以外は濡れ手ではなく、乾いた手で使いましょう

また、シャワーやお風呂に入ったついでにメイクを落とすという方は、手だけでなく顔の水分にも要注意。顔に付いた汗や水滴はティッシュで軽くふき取ってからクレンジングを行いましょう

適量を守る

クレンジング剤の使用量が少ないと以下のようなデメリットがあります。

  • クレンジング成分が足りず、メイク汚れがきちんと落ちない
  • ジェルの弾力性が生かされず、肌との間で余計な摩擦が起こる

クレンジングに限らず、化粧品の効果を引き出すには使用量を守ることが重要です。使う前に必ず商品に記載されている使用量を確認して適量を守ってクレンジングを行いましょう。

手のひらで温めてからなじませる

手のひらにジェルを取り出した後は、以下の手順でクレンジングをしていきます。

手のひらで温める
固い質感のジェルを顔の上で伸ばすと、摩擦が起きて肌に刺激を与えてしまいます。ジェルを手に取り出した後は軽く手をすり合わせて、テクスチャーを柔らかくしましょう。
内側から外側に広げる
顔の中心から外側に向かってジェルを広げていきます。
ジェルとメイクをなじませる
指でくるくると小さな円を描くようにしてジェルとメイクをなじませていきます。目安は1分程度。温感を感じながらマッサージするように行いましょう。

ぬるま湯をなじませてからすすぐ

ジェルとメイクがしっかりなじんだら、32~34℃程度のぬるま湯ですすいでいきます。

手を洗う
顔の汚れを落とす前に手に残ったジェルや汚れを洗い流します。
ぬるま湯をなじませる
全体をすすぐ前に、少量のぬるま湯をメイク汚れとかるくなじませましょう。このひと手間でジェルが落ちやすくなります。
しっかりとすすぐ
洗い残しがないように、全体をしっかりとすすいでいきます。目元、小鼻、口周り、フェイスラインなど細かい部分の汚れも丁寧に落としましょう。

ジェルは粘度が高いので、さっと流す程度ではジェル成分やメイク汚れが肌に残ってしまいがちです。ジェルとメイク汚れをしっかりなじませた後は、洗い残しがないように、しっかりとすすぎましょう。

温感が心地良い!ホットクレンジングでコツコツ毛穴ケア

温感作用という、普通のメイク落としとは違った使用感が魅力のホットクレンジング。

筆者も使っていますが、ポカポカとした温感がとても心地よく、メイク落としというよりもマッサージをしている感覚です。

ホットクレンジングの商品はマッサージ効果やリラックス効果が得られるものが多く、香りにもこだわって作られています。スッキリした柑橘系からアロマの優しい香りまでいろいろあるので、季節や気分に合わせて選ぶのも楽しめるでしょう。

面倒なメイク落とし、厄介な毛穴ケアも温感が心地良いホットクレンジングがあれば楽しみながら続けられるはず!あなたもお気に入りのホットクレンジングを見つけてみてくださいね!

pagetop