年齢を感じさせない肌の女性

ほうれい線が老化とともに徐々に深くなってきたとお感じの30代40代
そして50代の女性は多いでしょう。

ほうれい線が出来る原因は大きく3つと言われています。

その3つの原因とは、

  • 加齢
  • 紫外線
  • 不規則な生活(食・睡眠・ストレスなど)

一つひとつをもう少し掘り下げると・・・

加齢による原因とは、

年齢を重ねるとともに胸やヒップが下がるのと同じように、
お肉の付きが良い部分ほど重力に負けて下がってきます。

お顔で言うと特に頬は肉が多いので垂れやすいです。

紫外線による肌への影響

紫外線を多く浴びると角質層まで入り込みバリア機能を低下させる恐れがあります。

これが年齢を重ねることで小じわやシミ、くすみの一因になります。

また、若い時の日焼けが年齢を重ねることで肌表面にシミとして出てきやすくなります。

日焼けの本当の怖さは徐々に蓄積されていく光老化

紫外線の本当の怖さは浴びてすぐ起こるサンバーンではなく徐々に蓄積されてくる光老化なのです。皮膚の老化は加齢よりも光老化のほうが要因は大きいことが近年わかってきており、1年中の紫外線対策は皮膚の老化に対して必須条件です。


引用:紫外線によるダメージ(光老化)|アンチエイジングネットワーク

生活習慣からくる肌への影響

そして、ストレスや寝不足、偏った食生活など

不健康な生活は健康を害する恐れがある事はもちろん、美容にも良くありません。

睡眠不足で朝鏡を見て目の下にクマが出来ていたり…「酷い顔!!」なんて思った事

あなたも経験ありませんか?

肌は内臓の鏡、とも言われますから美と健康は直結しているといえます。
女性は女性ホルモンのバランスを乱す原因になり、老化だけでなく様々な弊害の原因になります。

大きくはこれらが一般的にほうれい線が深くなっていく原因だと言われています。

日頃のスキンケアで大切なポイント

日中のUV対策も大切。

日光を浴びて光合成をすることも大切ですが、5年後10年後のシミの原因にもなりますから、長時間日光を浴びるときは日焼け止めは必須です。

そして、日々のスキンケアとしては、

化粧汚れや油汚れをしっかりと落とす事。


洗顔後は保湿ケアが重要です。

皮膚はうるおいがなく、乾燥しているとハリが失われますので、

保湿を十分に行う事で素肌に弾力を持たせるようにケアしてあげる事が大切です。

二十代前半をピークに、その後は年齢を重ねるごとに老化が進んでいくと言われています。

それと同時に素肌もうるおいを失いやすくなり乾燥しやすくなります。

十分な保湿を行う事はターンオーバーの促進も期待できますので、

素肌にうるおいを与える事は非常に大切なことですが、

肌の潤いを閉じ込めて逃がさないようにするためには適度な油分も必要です。

メイクを落とす際や、洗顔する際のクレンジング剤の洗浄力が強過ぎると

油分を落とし過ぎて素肌から水分が逃げやすくなってしまいます。


顔を洗った後のカサつきやツッパリ感は、洗浄剤が一因であるケースもある訳です。

小じわやたるみ、ほうれい線などの素肌の老化の予防と対策には

保湿、UVケアも大切ですが、洗い過ぎない素肌に優しいクレンジングを選ぶことも必要でしょう。