メイク落としの種類に疑問を持つ女性

毎日行うスキンケアの中でも、一番重要なクレンジング
クレンジングにも色々な種類があり、なかなか満足のいくクレンジングを見つけるのって難しいですよね。また、良く落ちるのに肌は突っ張らないクレンジングを見つけるにはどこに注目して選べばいいの!?と、疑問に感じている方もいらっしゃるかと思います。

ここではクレンジングの種類についてと、選び方についてお伝えしようと思います。

一般に市販されているもの

まずは一番多い一般的にドラッグストアなどで市販されているもの。

ドラッグストアなどで見かけるクレンジングを使っている人が多いと思いますが、こうしたクレンジングは、石油系のものや科学合成物質から出来ている合成界面活性剤が沢山使われていることが多く、洗浄力は強いけど素肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので肌トラブルが起きやすくなってしまうのが特徴と言えます。

肌が強い方やオイリー肌の方には良いですが、乾燥肌や敏感肌の方には肌を守るバリア機能が損なわれる原因にもなりますから注意が必要です。

メイクを落としたら『顔が突っ張る』とか『ヒリヒリしたりカサカサする』という方には向いていません。

オイルクレンジング

次にオイルクレンジング。
メイク浮きが優れているので使っている人も多いですね。

もちろん汚れは落ちますが、従来のものはどうしてもオイルがお肌に残ってしまいやすいので、洗顔石けんなどの洗顔料でダブル洗顔をしないとオイル独特のヌメリ感が残ってしまう場合が多いです。

ひと口にオイルクレンジングと言っても、洗浄成分にどのようなオイルが使われているかがポイントです。

最近ではネット通販などで無添加で肌に優しいオイルクレンジングも販売されています。

洗浄成分には、オリーブオイルやココナッツオイルなど植物由来のものが使われているものが肌に負担も少なく良いでしょう。

また、最近ネットで人気のクレンジングオイルはダブル洗顔不要のものも多く、すすぎも早いのでヌメリが肌に残っていると感じるものは少なくなりました。

ノンオイルクレンジング

ノンオイルクレンジングは、主にアミノ酸系の洗浄成分が配合されているのが特徴です。

最近ではオイルとほとんど遜色ない洗浄力のものも増えていますので、機能的には言われて見ないとノンオイルとオイルの違いがわからなくなってきたと言えます。

ノンオイルとオイルの違いは、『洗浄成分にオイルが使われているかどうか』です。

なので、例えば香り付けやアロマ効果が目的でオレンジオイルが入っていても、洗浄成分にオイル成分が使われていなければノンオイルクレンジングということになります。

多機能洗顔料

特に最近人気が高まっているのが多機能洗顔料です。

クレンジングとしてはもちろん洗顔としても使えて、洗いながら角質をトリートメントしてくれる機能も備わっていて、『一度の洗顔で肌を綺麗に整える』というものです。

スキンケアの中で肌に一番負担がかかるといわれているのが“メイク落とし”であり“洗顔”です。

その洗顔を一度で毛穴もくすみも角質もケアしてくれるオールインワンタイプの洗顔料が今人気を集めています。洗う回数も肌に触れる回数も少なく済むのでメリットが多いと言えます。

中にはスクラブが入っているものもあり美白ケアにも嬉しいですね。
クレンジングに入っているスクラブはイモコンニャクが由来のものなど、ザラザラするものでなく肌への負担は小さいので毎日使っても刺激に感じることはないでしょう。

肌への摩擦を軽減するテクスチャについて

メイクを落とす際に与える肌への摩擦は刺激になります。なのでテクスチャも優しく化粧を落とすためには重要な要素と言えます。

洗顔石鹸ならキメ細かな泡が手と顔の間で摩擦を抑える役割を果たすように、ジェルやゲル、バームといったクレンジングのテクスチャも摩擦を抑える役割を果たします。

リキッドよりもジェルの方がトロッとしていて肌に優しくメイクを落とすことが出来ますが、ゲルやバームのテクスチャの方が弾力があって直接肌を擦っている感覚が少ないので肌に優しいと言えます。

最近評判のクレンジングは、ゲルタイプのものやバームタイプのものが多いですし肌に吸い付くようにテクスチャが馴染みメイク浮きも早いのでおすすめです。

⇒メイクを落としながら毛穴や角質もキレイにしてくれる今人気のクレンジングゲルはこちら