メイクを落とす30代の女性

美肌を目指す上で、化粧水や美容液などこだわっている方も多いと思いますがクレンジングはどうでしょうか。

メイクを落とすという行為は直接肌に美容の効果はもたらしませんが、
メイクの汚れが残っていては肌荒れや毛穴の黒ずみの原因になってしまうなどトラブルを引き起こしてしまうので、面倒くさがって雑にしてしまってはいけません。

クレンジングの方法を変えるだけで肌質が変わってくる事もあるのでここで正しいメイクの落とし方を紹介します。

基本はゆっくり優しく・・・だけど短時間で。

まず、クレンジングの基本はゆっくりと優しくを短時間で行う事です。
また、アイメイクは普通のクレンジングだとゴシゴシ擦ってしまいがちになってしまうので、ポイントメイク用のしっかり落とせつものかアイメイク専用のリムーバーを使うかことをオススメします。

アイメイクリムーバーの場合はコットンにたっぷり含ませて優しくふき取るようにして、ごしごし擦ったり時間がかかってしまうと皮膚に負担が掛かってしまうので気をつけるようにしましょう。

たっぷり使って摩擦を軽減

また、クレンジング剤は肌への摩擦を減らすためにもケチらず少し多いかな?
というくらいの量を使うようにしましょう。

せっかく肌に優しいクレンジングでも使う量が少ないとゴシゴシ擦って角質を傷めてしまう原因になります。

クレンジングは毎日毎日、何十年と繰り返す事だから長年の蓄積がダメージとして年齢とともに表れます。

メイクを落とす順番

次に、メイクを落とす際の洗顔ポイントの順番ですが
メイクは皮脂の多い場所から落としていきます。

額、鼻から初めて頬、そして目元、口のまわりという順です。

目元や口の周りは顔の中でも皮膚が薄いのと、マスカラや口紅などの濃い汚れを他に擦り付けてしまう事があるので最後に洗うようにしましょう。

クレンジングは顔の内側から外側に向かってクルクルマッサージするようになじませて最低でも20~30回は洗い流して、洗い残りが無いようにしてください。

洗い方に気をつけても、クレンジング剤の刺激が台無しにすることも

  • 肌に優しい
  • 低刺激
  • 無添加
  • オーガニック
  • 植物由来
  • 天然成分
  • 皮膚科医監修

クレンジングに関わらず肌に優しい化粧品には、このようなキーワードを良く目にします。

どの化粧品にも、こういったキーワードが多用されているので「結局どれがイイの!?」と迷ってしまう方も多いでしょう。

クレンジングに関して覚えておきたいのは、石油系やアルコール系ではない「優しい洗浄成分」であること
そして、それ以外にも肌への刺激や負担となる成分が排除されている事。

年齢とともに、代謝が低下して抵抗力も失われてきます。
安価な化粧品には、安価な成分が配合されています。

そういった添加物がたくさん配合された化粧品を毎日肌に塗り込むことは、毎日コンビニ弁当やスナック菓子を食べ続けるようなものです。

化粧品を増やすより、まずは毎日使うものの質を高めることが肌にとって優しいですし、肌が持つ本来の力を育むことに繋がります。