両頬を手のひらで確認して喜ぶ女性

休日、一日中ノーメイクで過ごすときのスキンケアはどのようにするといいのでしょうか?

結論からお伝えすると、洗顔料を使ったほうが良い場合があります。

少し気になる意味深な表現かもしれませんが…、洗い過ぎは乾燥の原因になりますので、30代を過ぎた方は特に注意して下さい。

メイク以外の落とすべき油分!

化粧しない日でも落としたい油汚れはあります。

  • 日焼け止め
  • 排気ガスなどの油汚れ
  • 調理の際の油汚れ

日常生活で、メイクをしなくても気になる油分というとこの3点くらいでしょうか。

日焼け止めを塗ったときは夜クレンジングで落としたほうが良いでしょう。

また、地味ですが料理の際の油も気になります。
台所の換気扇に油汚れが付着するように、湯気に混じって油が舞っています。

少なからず顔にも付着しているでしょうから、美肌を意識したお手入れを心がけるなら夜はクレンジングでサッと油汚れをOFFしましょう。

しっかりリセットしてから保湿することで、美容成分の浸透も高めることが出来るでしょう♪

クレンジングは肌の負担という認識…

クレンジングは『クレンジングは肌に負担がかかるもの』ということはご存知のことと思います。

確かにスキンケアで一番肌に負担がかかるのがクレンジングと言われています。
日中キープしているメイクを落とすのですから、肌に優しいもの。無添加のものといえど少なからず負担がかかるものです。

良く例えられるのが、

  • オイルクレンジングは、メイク落ちは良いけどオイル成分が残りやすい。
  • ジェルやミルク、クリームタイプは、低刺激だけど落ちにくいからゴシゴシしてしまう。
  • シートタイプは、便利だけどコットンで擦る摩擦や薬品の刺激が強い場合がある。

というような問題点があげられますが、オイルでもジェルでもそれ以外でも…石油系界面活性剤などの合成洗剤であれば、どれも刺激が強いもので問題は「洗浄成分」です。

無添加のものであれば低刺激で優しいものですので、気にすべき点は肌に優しいだけに合成洗剤より洗浄力が劣るという点で、ついつい力が入ってゴシゴシしてしまうという点です。

ついゴシゴシしてしまう刺激をやわらげるテクスチャ

最近では、ゲルやバームタイプのクレンジングが人気です。

ジェルやクリームタイプでも無添加のものは多くありますが、ゲルやバームは『優しい洗浄力が故に、つい力が入ってゴシゴシしてしまう摩擦を和らげてくれる』効果があります。

ゲルやバームはテクスチャ自体に粘性があり、クレンジングのときに指先でクルクルする際の摩擦を緩和するクッションの役割を果たしてくれます。

最近ではスキンケアにおけるクレンジングの大切さが広く知られるようになってきましたが、無添加クレンジングは成分は肌に優しいけど落ちにくいというデメリットがありました。

肌に優しい無添加クレンジングを“優しいまま使う”為には、摩擦を軽減するテクスチャである事も大切です。

無添加で、ゴシゴシする刺激も和らげるテクスチャなら、メイクしない日にクレンジングを使うかどうかという点に悩まされる不安は解消される事でしょう。

粘性のあるゲルは、ゴシゴシする摩擦も和らげてくれます♪

→W洗顔不要!毛穴・角質ケアもできる今おすすめのクレンジングゲルはこちら

結局どっち!?クレンジングするべきか?しないべきか?

『クレンジングを使ったほうが良いか?』

『クレンジングを使うべきではないのか?』

気にされるあなたは、

『今日は日焼け止めを塗ったからクレンジングしようとか』…とか
『今日は料理で油を使ったからクレンジングしようとか』…とか
『今日は○○したからクレンジングしよう』と、いちいちメイクをしない日の一日を振り返るのは面倒ですよね><

無添加クレンジングなら低刺激の洗浄成分に加え、ハリ・キメを整える美容成分が配合されたスキンケア発想の肌の為のクレンジングがおすすめです。

そして、ゴシゴシ摩擦をやわらげてくれるクレンジングゲルがおすすめです。

→W洗顔不要!オールインワンタイプだからコレ1本でOK!詳しくはこちら

洗い上がりの肌にうるおいを残してくれて、洗顔としても使えるクレンジングがありますので一日の終わりに素肌をほど良くリセットするのにおすすめです。

毎日使うものだから乾燥させないクレンジングを!

私達の肌から分泌される皮脂や油分は落とし過ぎてはいけません!

十代の頃のように代謝が活発で皮脂や油分の分泌が多いときは朝夜しっかり洗顔するのは有効な方法でしょう。

しかし、年齢とともにターンオーバーが遅くなっていきます。

皮脂や油分は肌を守るバリアの役割も果たしますから、肌の健康を保つためには最低限必要なものです。

特に乾燥肌や敏感肌、混合肌の方は皮脂や油分が不足しがちで、慢性的に不足している傾向にありますので、不要な皮脂を落とし必要な皮脂は残してくれるクレンジングを使うことが大切です。

図解。毎日しっかり洗うという発想が、バリア機能低下の原因かもしれません。

メイクしない日に使うのはもちろん、メイクを落としたときもクレンジングで肌が突っ張ったりカサカサするなら洗い過ぎ!洗浄力が強過ぎです!

肌を守る天然のバリア成分である皮脂や油分を適度に残してあげることが、肌にうるおいを保つ為にも良いです。

「しっかり洗う」は逆効果になることも

皮脂や油分は肌表面を保護するために必要なものです。なので洗浄力の強い洗顔料で洗っていたり、いつもゴシゴシ力を入れてしまって取り過ぎていると、足りなくなった皮脂や油分を補うためにいつも以上に多くの皮脂を分泌するようになります。

そうなると、逆にベタついたり化粧ノリも悪くなったりする原因にもなりますから、過剰分泌を抑えたりターンオーバーを正常にして健康を保つ為にも洗顔料はメイクを落とすときだけでも良いくらいです。

洗い過ぎると皮脂や油分の分泌が乱れる

洗顔すると頬の辺りやTゾーンが赤く炎症を起こしてしまう方は、皮脂や油分が過剰に分泌してしまっている可能性が考えられます。これはインナードライとか混合肌の方の特徴の一つです。

日頃からしっかりという発想は、逆に皮脂や油分が慢性的に足りなくなって過剰分泌してしまう原因になります。

乾燥しやすい方、肌の弱い方におすすめの朝の洗顔

実はお肌はあまり洗顔料を使わない方が、皮脂や油分の分泌量も正常なサイクルになったり意外と健康な状態を保てたりします。

夜クレンジングしてから寝ている間に、お肌に必要な皮脂や油分が分泌されます。それを朝の洗顔でカサカサになるほど洗い流しては勿体無いです。朝は、化粧水を含ませたコットンでサッと脂分をふき取り肌コンディションを整える程度で十分でしょう。

また、水やぬるま湯のみで洗う方法は乾燥肌の方には向いていません。

水分の蒸発と一緒にうるおいも逃げてしまうので、乾燥の原因になります。
メイクした日もしていない日も、落とすものは落として必要な皮脂はしっかり残してくれる素肌の為の美容クレンジングで、一日の肌を正しくリセットしてくれるクレンジングがおすすめです。

→1000人の声から生まれたクレンジング。キャンペーンを見てみる